サケの具だくさんスープ

旬を迎える野菜や果物は、この季節の体に有意義な栄養素をたっぷりと含んでいると言われています。

材料

(2人分)
生サケ     小2切れ
ゴボウ     10㎝
大根      5㎝
ジャガイモ   1個
お好みのきのこ 50g
塩こうじ    大さじ1
       (同量の味噌で代用可能)
みそ      適量
油       小さじ1
昆布      1×5㎝程度
水       400ml

  • 1

    【下ごしらえ】
    ・サケは一口大に切り、塩こうじをもみこみ1時間以上おいておく。
    ・昆布は30分以上水につけておく。

  • 2

    大根は5mm程度のイチョウ切り、ジャガイモは皮をむき4~6等分にする。
    きのこは手でさいておく。

  • 3

    ゴボウはよく洗い、汚れの目立つ所だけ包丁の背でこそげとり、
    食べやすい大きさに切る。あく抜きはお好みで。

  • 4

    鍋に油をしき水気を切ったゴボウを入れ、中火で香ばしいかおりが出るまで炒める。

  • 5

    昆布を浸した水、昆布、野菜を加える。

  • 6

    煮立ったら昆布を取り出しサケを調味料ごと入れ、再び煮立ったら弱火にする。

  • 7

    野菜に火が通ったら味噌を入れて、味を調えてできあがり♪

【キーワード】 【更新日】2012/10/25

ポイント

・サケに含まれるアスタキサンチンは油と一緒に摂取するとより吸収されやすくなり、
 スープにすることでサケの栄養を余すことなくいただきます。
・取り出した昆布は細かく刻んで一緒に煮込めばより美味しくいただけます。
・ゴボウの香りはサケの臭み消しや、スープのいい風味になります。
 炒めるとさらに風味がよくなります。