梨入り緑豆ぜんざい

残暑厳しい毎日ですが、暦の上ではもう秋。夜にはセミの声に混じって秋の虫の声が響くようになりました。まだ蒸し暑さの残るこの時期の疲れた体に嬉しい緑豆ぜんざいに、徐々に湿度が低くなってくることを願って梨を加えてみました。水分多目の、飲み物と食べ物が一緒になったようなデザート仕立てです。乾燥対策は体が乾いてからでは遅いので、早目におこなうのがポイントです。

材料

(2人分)
梨                1/2個
ココチカラの緑豆ぜんざい  1袋
ハチミツ            適量
  • 1

    ココチカラの緑豆ぜんざいを水で洗い、鍋に水気をきった材料と水400ccを入れ40分ほど吸水させる。
  • 2

    鍋にふたをして中火にかけ、沸騰したらふたを少しずらして弱火でコトコト20分煮る。
  • 3

    緑豆ぜんざいを煮ている間に梨の皮を剥き、種とその周りを取り除いてからやや大きめ(写真は8等分にくし型にしてから、さらに4等分)に切る。
  • 4

    緑豆ぜんざいを20分煮たら、梨を加えて中火にし、沸騰したら火を止めふたをして10分蒸らす。
  • 5

    食べる時にハチミツを適量入れてどうぞ♪
  • しっかりと吸水させれば、あとは上手くできるはず!

  • 梨は変色を防ぐ為に鍋に入れる直前に用意するのがベスト

  • 食感を楽しむためにやや大きめに切り、加熱しすぎないように

  • 【関連リンク】

     【更新日】2013/08/22

    ポイント

    かわいた涼しい風が吹くようになり湿気対策が必要なくなったら、梨とハチミツのコンポートにするのがオススメです♪