おうちdeカフェ気分 
~黒いプレートランチ~

血液サラサラ効果やアンチエイジングなどで、今注目の「黒い食材」。
食卓が真っ黒!な~んて、ちょっとインパクトが強すぎますが、冬は特に、この黒い食材を積極的に取り入れたい季節なのです。

海苔や昆布、ひじきなどは、身体の余分な熱と水分をとる働きがあるので、むくみやのぼせ、イライラにも効果的です。ただし、冷えのある人は摂り過ぎに注意し、身体を温める食材と上手く組み合わせて献立を作りましょう。

材料

(2人分)
<炊き込みごぼうピラフ>
黒豆粥の素  1袋   米  2合
ごぼう   中1/2本   ベーコン  60gくらい
塩     小さじ1
クミンパウダー、コリアンダーパウダー 適宜

<レンコンバーグ>
レンコン  160g位   みそ  大さじ1
生姜    ひとかけ   パン粉  大さじ2
片栗粉   小さじ1    のり  5cm角8枚
サラダ油  適宜

<カブとブロッコリーのソテー>
カブ   2個   ブロッコリー  1/4株
にんにく  1/3片  オリーブ油、塩、黒胡椒  適宜

<にんじんサラダ>
にんじん  小1本   黒ごま  少々
太白ごま油、黒酢、塩  適宜

<切り昆布のスープ>
切り昆布  適宜   カブの葉  適宜
麺つゆ   適宜     
  • 1

    <炊き込みごぼうピラフ>
    黒豆粥の素はさっと洗ってから水に浸しておきます。(最低1時間。)
    お米は研いでからざるにあげておきます。
    ごぼうはささがきにして軽く水にさらし、水を切ります。
    ベーコンは5㎜角くらいの粗みじん切りにします。
  • 2

    フライパンを火にかけ、ベーコンを入れて弱火で脂を出します。
    ごぼうを加えて5分ほど炒めたら、クミンパウダー、コリアンダーパウダーを加え、お米も入れて少し透き通るまで炒めます。
    炊飯器にあけ、2合の線で水加減をし、黒豆粥の素も加えて炊き上げます。
  • 3

    <レンコンバーグ>
    レンコンは洗ってからおろし器ですりおろします。生姜も一緒にすりおろします。
    味噌、パン粉、片栗粉を加えて練り合わせ、4つに分けて丸く形づくります。
    5cm四方くらいに切った海苔を両面に張り付けて、油をひいたフライパンでこんがりと焼きあげます。
  • 4

    <カブとブロッコリーのソテー>
    カブは洗って、1/4~1/6くらいの櫛形に、にんにくはみじん切りにします。
    ブロッコリーは小房に分けて、軽く下ゆでします。

    レンコンバーグを焼いている片隅にオリーブ油をひき、カブを並べて火を通します。
    にんにく、ブロッコリーも加え、塩と黒胡椒少々で味を整えます。
  • 5

    <にんじんサラダ>
    にんじんは洗って5cmほどの長さの千切りにし、下ゆでします。
    茹であがったら、熱いうちに黒酢を振り、良く混ぜます。
    太白ごま油、塩で味を整え、黒ごまを混ぜ込みます。
  • 6

    <切り昆布のスープ>
    300ccほどの水に切り昆布を入れて火にかけます。(3本指で二つまみくらいの量)
    昆布が柔らかくなったら麺つゆで調味し、千切りにしたカブの葉を散らします。
  • 7

    器に盛り付けたら、出来上がりです!
  • 【関連リンク】

     【更新日】2013/11/06

    ポイント

    ・クミンやコリアンダーがなければ、カレー粉少々でも。
    ・ブロッコリーの茹で汁は良い出汁が出ているので、そのままスープに使うといいですよ!
     切り昆布からもしっかりと出汁が出ますので、麺つゆはほんの少々でOKです。
    ・レンコンバーグはやや弱火で、じっくり火を通してくださいね。
    ・にんじんがまだ熱いうちに黒酢をかけることで、ツンとした匂いが飛び、味もしみ込みやすくなります。