カリフラワーの素炒め

蒸したてをオリーブオイルと塩で食べるのが最高なんだけど、それができるのは時間がある時だけ...

いつでもすぐに美味しい状態で食べれる方法はないかな?と考えて作ってみたら、、、、もっと美味しかった!

冷蔵庫で2~3日もつので、時間のない朝食や、帰宅が遅くなる日のご飯にもありがたい存在になります。

そのまま食べる・お肉と炒める・オムレツに入れる・スクランブルエッグといっしょに・調味料やハーブを加える・・・・・ シンプルな素炒めなので応用範囲が広く、茹でるのに比べたら栄養素の流出も少なく傷みにくい。買った日に全部調理する事で、保存中に鮮度が悪くなる事もなくなります。

「野菜を買っても使い切れない」と言う方は、是非作ってみてください♪

材料

(作りやすい量)
カリフワラー    1株
オリーブオイル  大さじ1
水          大さじ2
塩          適量
  • 1

    カリフワラーは葉を切り落とし、黄緑色のやわらかい葉を選んで水洗いしてから斜め薄切りにする。
  • 2

    茎は硬い皮を剥き、縦半分にしてから薄い斜め切りにする。
  • 3

    房の部分を食べやすい大きさに切り分け、さっと水洗いしてから房の付け根の部分に十字の切込みを入れる。
  • 4

    厚手の鍋にオリーブオイルをひき、中火で房以外を炒める。
  • 5

    表面の色が変わりややしなっとしたら房を入れて全体を大きく混ぜながら炒める。
  • 6

    全体に油がまわったら、水大さじ2を入れてふたをして、弱めの火で蒸し焼きにする。
  • 7

    カリフラワーの甘い香りがしてきたらふたを取り、水分を飛ばすように炒めて火を止める。
  • 8

    好みで塩を適量ふる。
  •  【更新日】2013/12/16

    ポイント

    ・買ってきたその日に全部調理する事で、その都度調理する手間も省け、一番鮮度の良い状態でいただくことができます。
    ・少量の水を加える事で水蒸気が発生し、素早く全体に火が通ります。水分が無くなると焦げるので、火加減等に気をつけてください。
    ・2日で食べきらない場合は塩で味付けしておきましょう。