赤カブとカリフラワーのピクルス

カブの美味しい季節です。
綺麗な紅色の赤カブを見つけたので、カリフラワーと一緒にピクルスにしてみました。数日置くと、カブの色がカリフラワーに移り、かわいいピンク色のピクルスになります。

カブは冷えと熱を調節する働きを持った、バランスの良い食材です。カリフラワーと共に、消化器官の働きを補ってくれるので、ちょっぴり疲れた時、食欲のない時にもおすすめです。

材料

(直径8cm位のビン約2本分)
赤カブ     2~3個
カリフラワー  1/4株くらい
<ピックル液>
酢    150cc
水      150cc
粗製糖   大さじ2
塩      小さじ1
にんにく    1片
ローリエ   2枚
鷹の爪    1本
黒粒胡椒  適宜
ディルシード 適宜
  • 1

    赤カブは葉を落とし、よく洗ってから櫛形に切ります。(大きさによりますが、だいたい8~12等分くらい)カリフラワーは一口大の小房に切り分けて洗います。にんにくは薄切りにします。
  • 2

    よく水気を切った赤カブとカリフラワーを、ぎっしりとビンに詰め込みます。(上部はお酢を注ぎやすいように少し空けておきます。)
  • 3

    鍋にピックル液の材料を全て入れて火にかけます。(ローリエは葉脈に沿って切れ目を入れておくと香りが出やすくなります。)沸騰して、砂糖、塩が溶けたら、2のビンに注ぎ込みます。(ビンの淵の少し下まで)
  • 4

    ビンの淵から少し出るくらいまでカリフラワーを詰め込み、押さえこむようにして蓋を閉めます。(ビンの中に空気が残らないようにするためなので、多少、液が溢れ出ます。バットなどを敷いて再利用できるようにするといいでしょう。)
  • 5

    このまま冷蔵庫で2~3日置いてから、お好きな時に召し上がれ!
  • できるだけ隙間ができないように詰め込みます。

  • ピックル液は沸騰させて、アツアツをビンに注ぎます。

  • ビンの淵のやや下辺りまで、ピックル液を入れて

  • 少し上に出るくらいカリフラワーを詰め、蓋で押さえ込むようにして栓をします。

  • 5日後。赤カブの色が出て、カリフラワーもピンクに染まって美味しそう!

 【更新日】2014/01/17

ポイント

・下漬けなしの浅漬けタイプなので、冷蔵庫内で保存して早めに食べきってください。
・甘さはお好みで調節してください。また、お子さんが召し上がる場合は鷹の爪は省きましょう。
・お酢は米酢でも、りんご酢でも美味しくできます。
・赤カブが手に入らなければ、白いカブでも。