思い立ったらすぐ炊ける!
煎り豆元気ご飯

大豆は「畑の肉」と言われるように、良質のたんぱく質を含んでいる他、様々な効果、効能が謳われるミラクルフード。薬膳でも、お腹の調子を整え、気と血を補う作用があると考えられています。
積極的に摂りたい食材ですが、お豆から調理するには少々時間がかかりますね。でも、これなら簡単!煎り大豆で作れば、あっという間に豆ご飯が炊けちゃいます。
このところの寒さで、少々元気がなくなっている人におすすめの、もち米入り。 お腹の中からじんわりパワーが沸いてくるご飯です。

材料

(2~4人分)
米    1.5合 
もち米  0.5合
水    400cc
煎り大豆  40g
酒      大さじ1
薄口醤油  大さじ1
出汁昆布  10cmくらい

黒煎りごま  適宜
  • 1

    お米は研いでからざるに上げ、炊飯器に入れて水400ccを加えます。
  • 2

    煎り大豆、酒、醤油を加え、出汁昆布は切れ目を入れて加え、炊飯器のスイッチを入れます。
  • 3

    炊きあがったら、昆布と大豆の皮を取り出し、さっくりと全体を混ぜて器に盛ります。
    黒煎りごまをたっぷりかけて召し上がれ!
  • すべての材料を入れてスイッチON!

  • 炊きあがり、煎り大豆の皮がはがれたものと昆布をとり除いてから混ぜて。

  •  【更新日】2014/02/22

    ポイント

    ・ごまはそのままだと消化しにくいので、すりゴマにしてからかけるとGood!塩分の気にならない人は、ごま塩にしても。
    ・昆布はむくみに効果的な食材。もちろん、一緒に食べちゃいましょう。