初かつお
元気が巡る カルパッチョ

ゴールデンウィークも終わり、忙しい日常に戻ってちょっぴり疲れの出るこの時季、初鰹で元気をチャージしましょう!
カツオは胃腸を温めて消化吸収を助け、気や血を補って精力を増す効能があるとされています。貧血気味の人やむくみが気になる人、パワー不足の時にもおすすめの食材です。旬の新玉ねぎとレモンを添えれば、体中を元気が駆け巡りますよ!

材料

(2~3人分)
カツオのたたき  1サク
新玉ねぎ      1/2個
レモン        1/2個
しその葉      適宜

醤油        大さじ1
バルサミコ酢   大さじ1
ハチミツ      小さじ1
生姜        ひとかけ
にんにく      ひとかけ
オリーブオイル  適宜
  • 1

    小さめの鍋かフライパンに、醤油とバルサミコ酢、ハチミツを入れて火にかけ、少し煮詰めます。 おろした生姜とにんにくを加え、ひと煮立ちさせて火を止めます。茶漉しで濾して、冷ましておきます。
  • 2

    新玉ねぎは皮をむき、スライサー(または包丁)で薄く櫛形にスライスして、さっと水にさらしてすぐざるに上げて水を切ります。
    レモンは良く洗って薄切りにし、半月にします。
  • 3

    カツオのたたきはやや薄め(7mmくらい)にスライスして、お皿に並べます。
    レモンを間に飾り、新玉ねぎも盛り付けて、千切りにしたしその葉を散らします。(写真では、プランターで芽を出したパクチーとしその葉の赤ちゃんをのせてみました。)
  • 4

    オリーブオイルを回しかけ、1のソースをかければでき上がりです!
  • 醤油+バルサミコ酢+ハチミツは、少し煮詰めてから生姜とにんにくを加えます。

  • 口当たりを良くするため茶漉しで濾して、冷まします。

  • 新玉ねぎと水菜、サニーレタスなどを和え、サラダ仕立ての立体盛りにしても。

  •  【更新日】2014/05/11

    ポイント

    ・生姜とにんにくは、気にならなければ濾さずにそのままでもOKです。
    ・レモンは、国産無農薬のものが手に入れば皮ごと、なければ皮をむいて使いましょう。