冷やし過ぎない夏のサラダに
甘酒&梅酢ドレッシング

レタス、トマト、キュウリ・・・。夏のサラダ野菜はからだを冷やすものが多いのでご用心。そればかりだと胃腸が冷えて消化機能が落ち、食欲不振や疲れ、だるさなど、夏バテの要因になるので気をつけましょう。

そこでドレッシングに一工夫。
お腹を温め、気を巡らせるはたらきのある玉ねぎをたっぷり使って、甘酒の甘味、旨味と、梅酢の酸味を加えた夏におすすめのドレッシングです。
「飲む点滴」と言われる甘酒と、疲労回復、食欲増進、解毒・殺菌効果など様々な薬効があると言われる梅酢は、まさに夏にピッタリ!最強のコンビネーションです。

材料

(1.5カップ分くらい)
玉ねぎ      大1/2(150gくらい)
甘酒       1/2カップ
太白ごま油   1/2カップ
赤梅酢      1/4カップ
  • 1

    玉ねぎは皮をむき、粗みじんに切ります。(この時、根っこが出てくるちょっと固い部分も切り落とさずに使います。ここは生長点なので、玉ねぎの生命力を丸ごと頂きましょう。)
  • 2

    全ての材料をフードプロセッサー、ミキサー、ブレンダーなどで混ぜ合わせればでき上がりです!
  • こちらわが家の自家製甘酒。

  • 玉ねぎは根もとの部分も丸ごと頂きます。

  • 全ての材料をカップに入れて・・・

  • ブレンダーでガ~ッ!

  • 苺ミルクセーキのようなピンク色♡

  • やさしい味わいなので、た~っぷりかけてどうぞ!

 【更新日】2014/06/05

ポイント

・甘酒、梅酢はものにより甘さ、しょっぱさが違いますので、必ず味見をしながら調整をしてください。
・塩気が足りない場合は、塩、醤油、味噌など、お好みのものを加えて一工夫。白味噌がおすすめです。
・梅酢がない場合はりんご酢、米酢など、太白ごま油がない場合はサラダ油、オリーブ油など、いろいろと試してみてくださいね!