さっぱりコーン&ジンジャースープ" />

梅干しで"三毒を断つ"
さっぱりコーン&ジンジャースープ

梅は昔から、食べ物の毒、余分な水の毒、古い血の毒の「三毒を断つ」と言われる食材。梅干し特有のすっぱさは、口の渇きや疲れを癒し、胃腸の働きを活発にして食欲を増進させます。特に殺菌・抗菌力が高く、気温も湿度も高いこの時季には食中毒予防の強い味方でもありますね。

この梅干し、おむすびの中身が定番ですが、スープに入れても美味しく頂けます。この時季にしか手に入らない生のとうもろこしをたっぷりつかって、水分代謝を上げ、元気に梅雨を乗り越えましょう!

材料

(2人分)
生姜        1かけ
万能ねぎ    1/2把
しいたけ     1枚
とうもろこし   1本
梅干し       2個
おろしにんにく   少々
  水        2カップ
サラダ油、塩、醤油     適宜
  • 1

    生姜は千切り、万能ねぎは小口切り、しいたけは軸をとり、半分にしてから中心に向かって回し切りの薄切り、軸は繊維にそって千切りにします。とうもろこしは皮をむき、粒を包丁でこそげておきます。
  • 2

    鍋にサラダ油をひいて生姜を炒め、香りが出たら万能ねぎ、しいたけ、とうもろこしを加えて軽く炒めます。
  • 3

    水を加え、梅干しも入れて10分程煮込みます。 おろしにんにくを少量加えてから味をみて、塩、醤油少々で整えればでき上がりです。
  • 今回は、わが家のプランターでできた葉ネギを使いました♪

  • 万能ねぎは小口切りに

  • しいたけは、半月にしてから中心に向かって放射線状に薄切り、軸は生姜と同じくらいの千切りに。

  • とうもろこしは粒をそぎ取ります。

  • 軽く油でいためてから・・・

  • 水と梅干しを入れて煮込みます。おろしにんにく、塩、醤油で仕上げてでき上がり!

 【更新日】2014/06/19

ポイント

・梅干しの塩分によって味が違いますので、必ず味見をして、少し薄味に仕上げるようにします。
・醤油の代わりにナンプラーを加え、パクチーを散らせばエスニック風に。
・仕上げにごま油をたらせば、中華風の仕上がりになります。