想い出もコトコト煮込んで
ほろ苦 島レモンジャム

ちょっぴり手間はかかるけど、甘さもゆるさも自分好みにできて、やっぱりホームメイドのジャムはいいものです。旬の果物は生で食べるのが一番、と思いますが、ジャムにしたときに新たな美味しさを発見するということもありますよね。柑橘類のママレードはその最たるもの。皮の部分にも有効成分が含まれていたりするので、全てを利用できるのも嬉しいですね。

旅先で手に入れた青いレモン、その時の景色や出会った人などを思い出しながら煮込めば、甘酸っぱい香りに癒されます。

材料

(小さなビン1本分)
グリーンレモン(卵大)   3個
グラニュー糖        90g
(皮と実の重量の80~90%くらい)
  • 1

    レモンは良く洗って皮を薄く剥き、細かく千切りにして、重さを計っておきます。
    たっぷりの水といっしょに鍋に入れて火にかけ、沸騰したら2~3分茹で、ざるに上げて洗います。これを2~3回繰り返して苦味とアクを抜きます。鍋に戻したらしっかりかぶるくらいの水を加えて、柔らかくなるまで10~15分ほど煮ます。
  • 2

    皮を煮ている間に実を取りだします。
    まずナイフで白い綿の部分を剥き、薄皮にそってナイフを入れて実を取りだします。種を除き、実の重さを計ります。皮と実の重さを足した80~90%の分量のグラニュー糖を用意します。
    薄皮と種にはペクチンが豊富に含まれているので、一緒に煮込むためにガーゼで包んでおきます。(お茶パックを使うと便利です。)
  • 3

    皮が十分に柔らかく煮えたら、実とグラニュー糖、ガーゼで包んだ薄皮と種も一緒に鍋に入れ、煮詰めていきます。最初はやや強火で少し煮立たせ、アクを真ん中に寄せてすくい取ります。その後は少し火を弱め、焦がさないように様子を見ながら煮込みます。ガーゼはあまり煮詰まる前に、途中で取り出してください。
  • 4

    わずかにとろみが付き、やや大きな気泡が立つようになったら火を止めます。熱いうちに清潔な保存ビンに入れ、冷蔵庫に保存します。
  • 島レモンはちょっと小ぶり。卵くらいの大きさです。

  • 皮を薄く剥きます。くるくるでなく、縦に剥いてもOK。

  • できるだけ細く千切りにします。

  • たっぷりの水を加えて火にかけます。

  • 沸騰してから2~3分茹で、ざるに上げて洗う、を2~3回繰り返してアクを抜きます。

  • 実は、白い綿部分をきれいに剥き・・・

  • ひと房ごとに実を取りだします。

  • 種と薄皮、実を分けます。

  • 皮が柔らかくなったら、ガーゼに包んだ薄皮と種、実、グラニュー糖を加えて煮込みます。

  • 沸騰させてアクを真ん中に寄せ、すくい取ります。その後は少しだけ火を弱めて煮詰めて行きます。ガーゼは途中で取りだします。

  • わずかにとろみがつき、大きな気泡が出始めたらでき上がりです!

 【更新日】2014/09/04

ポイント

・レモンは農薬を使っていない国産のものを使いましょう。もちろん、黄色いレモンでも美味しくできます。
・この島レモンはちょっと汁気が少なかったのですが、ジューシーなレモンの場合はその汁も全て使いますのでこぼさないように剥いてくださいね。
・お砂糖は普段は粗製糖を使いますが、ジャムだけは別。スッキリと素材の味を活かしたいのでグラニュー糖を使っています。レモンは酸味が強いので、皮と実の重さの80~100%くらいでお好みの甘さをみつけてください。
・熱いうちはゆるめでも、冷めるととろみが増しますので煮詰めすぎないようにご注意ください。