滋養たっぷりでこころもほっこり
意外に簡単♪ 牡蠣のチャウダー

「海のミルク」と呼ばれる牡蠣。とっても栄養価が高く、ミネラルが豊富で、慢性的な疲労や不眠、貧血、美肌にも効果的と言われ、「ちょっとお疲れ~」な時にはおすすめの食材です!
また、薬膳では精神安定薬として使われるように、イライラや不安感、憂鬱の軽減にも効果があるので、こころが「まいっちゃったな~」って時にも良いのです!

年末に向かって、何かとストレスの増えるこの時季、牡蠣のスープでからだもこころも元気チャージ!もうひとガンバリ、行ってみよう~!(^O^)/

材料

(4人分)
牡蠣       1パック(正味120gくらい)
にんにく     2片
玉ねぎ      1個
にんじん    1/2本
じゃが芋     2個
ベーコン     3枚

サラダ油    大さじ1
 水       2カップ
ローリエ     2枚
牛乳      2カップ
塩、胡椒    適宜

パセリのみじん切り  少々
  • 1

    牡蠣は軽く洗って水を切ります。
    にんにくはみじん切り、玉ねぎは1㎝角くらい、にんじんは半月か、大きければいちょう切りにします。じゃが芋は皮をむいて食べやすい大きさに切り、水にさらしてからざるに上げておきます。 ベーコンは、半分は1㎝角、半分は2cm幅くらいに切っておきます。
  • 2

    鍋にサラダ油を入れて火にかけ、にんにくと1㎝角のベーコンを入れて軽く炒めます。
    続いて玉ねぎとにんじんを加え、玉ねぎが透き通るくらいまで炒めたら、じゃが芋を入れて全体に油が回るまで炒めます。
  • 3

    水とローリエを加えて煮込みます。
    沸騰するまでは強火で、アクをすくったら火を弱め、野菜が柔らかくなるまで、10分ほど煮込みます。
  • 4

    牡蠣と2cm幅に切ったベーコンを加えます。
    牡蠣に火が通ったら牛乳も加え、味見をしてから塩・胡椒で味を整え、沸騰直前で火を止めます。
  • 5

    器に盛り付け、パセリのみじん切りを散らしてでき上がりです。
  • 牡蠣は洗ってざるに上げます。120gのパックで1人4粒くらい(小粒ですけどそれで十分です)。

  • にんにくはみじん切り、玉ねぎは1㎝角、にんじんは半月切り、じゃが芋は皮をむいて食べやすい大きさに切り、水にさらしてざるに上げておきます。

  • ベーコンの半分は、出汁用に1㎝角に切ります。

  • 残りは具として、大きめカットで見た目にもボリュームプラス。

  • 鍋にサラダ油を入れて中火にかけ、にんにくと角切りベーコンを炒めて香りを出します。

  • 玉ねぎ、にんじんを加えて炒めます。玉ねぎが透き通るまでしっかり炒めて甘味を出します。

  • じゃが芋を加え、全体に油が回るように更に炒めます。

  • 水とローリエを加えて強火にし、沸騰させます。

  • アクを取り、火を弱めて、野菜が柔らかくなるまで10分程煮込みます。

  • 牡蠣とベーコンを加え、火を通します。

  • 牡蠣に火が通ったら牛乳を加え、塩・胡椒で味を整えて、沸騰直前に火を止めます。

  • パセリは小さな鉢でも簡単に自家栽培ができます。ちょこっとあると、とっても便利なのでおすすめです!

 【更新日】2014/11/21

ポイント

・牡蠣とベーコンから良い出汁が出るので、コンソメなどは不要です。また、塩分も出るので、味付けは必ず最後に行います。
  ・とろみを付けたい場合は、野菜を炒める際に小麦粉を少々振り入れます。バターを少しプラスするとコクが出ます。
  ・牡蠣を加えたらあまり煮すぎないように。(小さく縮んで固くなってしまうので)