貧血女子の強い味方!
ほうれん草の中華風おひたし

寒さが増してくると、甘味がのってどんどん美味しくなるほうれん草。これから真冬にかけて旬を迎えます。

ほうれん草は鉄分を多く含み、血を造り出す作用があるので、貧血や生理不順が気になる人におすすめの食材。疲れ目やドライアイにも効果があるので、働く女子の味方ですね!イライラや不安などの感情を落ち着かせる働きもあるので、まさに年末多忙のストレスに打ってつけです。いろんなお料理に使えるので、たくさん茹でて冷凍しておくと重宝します。

材料

(4人分)
ほうれん草    1把
醤油      小さじ2
酢       小さじ1
粗製糖    小さじ1
ごま油     小さじ1
生姜     ひとかけ

あれば、飾り用に食用菊の花など
  • 1

    ほうれん草は洗って、たっぷりのお湯でゆがき、冷水に取ってしぼります。
  • 2

    全体に醤油少々(分量外)をふりかけ、少し置いてから水分をしぼり、食べやすい長さに切ります。
  • 3

    更に水分をしぼりながらボールに入れ、醤油、粗製糖、酢、ごま油、すりおろした生姜のしぼり汁を加えて良く混ぜます。
  • 4

    味見をして調整したら器に盛り付け、あれば菊の花などを散らします。
  • ほうれん草は根もとの部分からお湯に入れ・・・

  • しばらくしてから葉先を沈めて全体を茹でます。

  • 茹であがったら冷水にとり、あく抜きをしてしぼります。

  • 醤油少々を全体にまぶし、しばらく置いてからもう一度しぼります。

  • 食べやすい長さにカット。

  • ボールに入れて、調味料とおろした生姜のしぼり汁を加えます。

  • 全体を良く混ぜたら、味見をして調整をしてくださいね!

 【更新日】2014/11/28

ポイント

・軽く全体に醤油をまぶしてから絞ることで、余分な水分をしっかりしぼることができ、あとで水っぽくなるのを防げます。
・味付けはあくまでも目安です。ほうれん草の味や、お好みに合わせて加減してください。
・天盛りに針生姜、揉み海苔、すりごまなどもおすすめです。