摘みたてよもぎを炊き込んで♪
春が香る フーチバージューシー

すっかり暖かくなって、木々の梢や道端の草には、初々しい新芽が芽吹き始めています。
つくしやのびる、カラスノエンドウなど、野草を摘んで食べるのも、春のお楽しみのひとつ。中でも、もっとも親しみ深いのは、やはり「よもぎ」ですよね!

よもぎと言えば草団子や草餅が定番ですが、今日は沖縄風炊き込みご飯にしてみました。まだ小さくて柔らかな葉っぱは、あくも少ないので、軽く蒸らすだけでOK。血行促進やデトックス効果、造血、淨血作用などなど、有り難~いよもぎの薬効を、しっかりといただきましょう!

材料

(2~4人分)
米            2合
豚肉(バラブロック) 100~150g
酒            大さじ1
醤油          大さじ1
人参          1/2本
しいたけ        2~4枚(50gくらい)
かつおだし      400cc
塩            小さじ1
よもぎ         適宜(両手のひらにいっぱい)

生姜の甘酢漬け   適宜
  • 1

    米は炊く30分前にといでざるに上げ、水気を切ります。
    分量のカツオだしを作り、冷ましておきます。
  • 2

    豚肉は1㎝角位に切って、酒と醤油をまぶして下味をつけます。
    人参は5㎜角、しいたけは1㎝角くらいに刻んでおきます。
    よもぎは良く洗って茎の固いところを除き、食べやすい長さにざく切りにします。
  • 3

    炊飯器に、米、だし汁、塩を入れ、豚肉を漬け汁ごと、にんじん、しいたけを加えて炊き上げます。
  • 4

    炊き上がったところへ、よもぎを加えてひと混ぜし、5分程蒸らせばでき上がり。
    生姜の甘酢漬けの千切りを天盛りにして、召し上がれ~!
  • 豚肉は1㎝角に切り、酒と醤油をまぶして下味をつけておきます。

  • 人参は5㎜角、しいたけは1㎝角に。(ここでは舞茸を使用しています。)

  • よもぎは茎を取り、食べやすい長さにします。包丁では意外と切りにくいので、手でちぎってもOK。

  • よもぎ意外を炊飯器に入れて、炊き上げます。

  • 炊き上りによもぎを投入!

  • さくっとひと混ぜしたら、蓋をして5分程蒸らします。

  • 生姜の甘酢漬けの千切りをトッピングしてどうぞ!

 【更新日】2015/03/28

ポイント

・豚肉は、バラ肉の脂身が入るのが美味しさのポイントですが、苦手な場合は、もも肉など赤身部分を混ぜて使用してください。ここでは「カレー、シチュー用」として売られている角切り肉を利用。バラとモモが混ざって入っていました。
・しいたけの代わりに舞茸、しめじなど、お好みのきのこを使ってもOKです。
・トッピングは紅生姜もおすすめです。