氣をめぐらせて 体も心も五月晴れ♪
香りさわやか レモンカード

五月晴れの空とは裏腹に、なんとなく気分が晴れない、とか、食欲不振、という時には、氣の流れを促す"香りのよいもの"がおすすめです。

初夏にふさわしい"さわやかな香り"の代表と言えばレモン。今日は、意外と簡単にできちゃう英国発祥のスプレッド、「レモンカード」を作ってみましょう。
とろ~り甘酸っぱ~い、その味と香りに癒されて、きっと元気が湧いてきますよ!
レモンの香りの成分は、皮の部分に多く含まれているので、ぜひ無農薬のレモンを手に入れて、チャレンジしてみてくださいね。

材料

(直径5.5㎝くらいの小さなビン2本分)
レモン       1個
 卵         1個
きび砂糖     50g
無塩バター    50g
  • 1

    レモンは良く洗って、皮の表面(黄色い部分)だけを軽くすりおろしてから半分に切り、果汁をしぼって濾しておきます。
    バターは溶けやすいように、1㎝くらいのさいの目に切ります。
    ボールがつかる大きさの、浅めの鍋か深めのフライパンに湯を沸かし、湯せんの準備をします。
  • 2

    ボールに卵を割り入れてほぐし、きび砂糖を加えて良く混ぜ合わせます。
    レモンの皮、果汁も加えて良く混ぜたら、バターも入れて湯せんにかけます。
  • 3

    沸騰させないように火を弱め、ゴムべらで絶えずかき回しながらゆっくり火を通します。
    次第にとろみがついてきて、ゴムべらでボールの底に線が引けるくらいの固さになったら湯せんからはずします。(冷えると少し固くなるので、適当なところでストップしてくださいね。)
  • 4

    清潔なビンなどに入れて、冷蔵庫で保存します。
    ビンは、湯せん用に沸かすお湯の中で煮沸消毒すれば完璧!良く乾かして、でき立ての熱いカードを詰めたら軽く蓋をして冷めるまでおきます。冷めたらきっちりと蓋をします。冷蔵庫で2週間くらいを目安に食べ切りましょう。
    1週間くらいで食べきるなら、ビンは良く洗ってペーパータオルなどで水分を取るだけでもOKです。
  • 材料はこれだけ!

  • レモンの表皮は香りづけに。白い部分は苦いので使いません。

  • 果汁はしぼって、茶漉しなどで種を除きます。

  • 卵ときび砂糖を混ぜ合わせます。

  • レモンの皮と果汁も加えて良く混ぜます。

  • バターを入れて、湯せんにかけます。湯せん用の鍋底にはふきんを敷いて、ボールが直接鍋底に着かないようにします。

  • 絶えずかき混ぜながら、ゆっくり温めていきます。

  • とろみがつき、ゴムべらを手前にひいたときに、ボールの底に筋が残るくらいになったら湯せんからはずします。

  • 清潔なビンに詰め、冷蔵庫で保存してください。

  • 小さなビン、約2本分できました。可愛くラッピングすれば、ちょっとしたプレゼントにもGood!

ポイント

・レモンの香り成分は表皮に含まれているので、入れるのと入れないのとでは仕上がりの香りが違います。国産の安心して使えるレモンでぜひお試しください。
・レモンは表皮の黄色い部分だけを軽くすりおろして使います。白いところは苦味が出るので入れないように。
・湯せんの鍋の底にふきんなどを敷き、直接ボールが鍋底にあたらないようにすると、急激な加熱を防ぐことができます。(卵が部分的に凝固してしまわないように。)
・果汁の量はレモンによって多少違いがありますが、だいたい40~50gくらいです。多少の違いは気にしなくても大丈夫です。
・レモンカードは、スコーンやトースト、パンケーキなどに塗ったり、ヨーグルトに添えるなど、楽しみ方はいろいろ。ぜひ、美味しいマリアージュを発見してみてくださいね!