子供の日にみんなでつくろう♪
クッキングシートで簡単!中華風ちまき

筍の美味しい季節です。
水煮は一年中スーパーに並んでいますが、やっぱり採れたてを茹でたものは香りが違います。ちょっぴり手間はかかりますが、一年に一度は是非、甘く瑞々しい新鮮な筍の風味を味わってみてくださいね。

筍と言えば「筍ご飯」が定番ですが、今日は子供の日も近いので、中華風ちまきに挑戦です。
竹の皮は手に入りにくいし、アルミホイルはくっついちゃうし、ということで、クッキングシートを使った包み方をご紹介します。子供たちと一緒に作れば、楽ちん♪&美味しさも倍増♪
筍はデトックス効果が高く、春のからだの大掃除に有効な食材ですが、からだを冷やす性質があるので食べ過ぎにはご用心。温め効果のあるもち米との組み合わせで、冷やし過ぎを防ぎましょう。

材料

(5~6人分)100gX14個くらい
もち米          3合
干ししいたけ      4枚
豚肉(角切り)     200g
    ◆豚肉の下味
     ■ 醤油     小さじ2
     ■ みりん    小さじ2
     ■ 生姜汁    小さじ1
     ■ こしょう    少々
長ネギ         10cmくらい
ゆで筍         150g
にんじん         80g
むきエビ        100g
うずらの卵       14個

ごま油          大さじ1.5
しいたけの戻し汁+水  1カップ
 酒            大さじ2
醤油           大さじ1
オイスターソース    大さじ1
砂糖           大さじ1
 塩            小さじ1
  • 1

    もち米は洗ってたっぷりの水に3~4時間浸し、ざるに上げておきます。(前の晩に準備してもOK。)
    干ししいたけは水に漬けて戻し、5㎜角くらいに刻みます。(戻し汁は捨てずに使います。)
    豚肉は8mm角くらいに切り、下味用調味料をもみこんで30分程おきます。
  • 2

    長ネギはみじん切り、筍、にんじんは8mm角、むきエビは適当な大きさに切っておきます。
    うずらの卵は茹でて、皮をむいておきます。
  • 3

    大きめのフライパンにごま油をひき、長ネギを炒めます。香りが出て、うっすらと色付き始めたら、下味を付けた豚肉を加えて、色が変わるまで炒めます。
    しいたけ、筍、にんじんも加えて軽く炒めたら、しいたけの戻し汁と水で1カップにしたものと調味料を全て入れて煮立たせます。
  • 4

    3に水気を切ったもち米を加え、焦げ付かないように木杓子で混ぜながら、炒め煮にします。
    途中でむきエビを加え、ほぼ水気がなくなったところで火を止めます。
  • 5

    粗熱をとる間に、クッキングシートを用意します。
    25cm幅のシートを45cm長さに切り、幅を半分にカットします。(12.5㎝X45cm)
    端から三角に折り、回転させながら6つの三角形プラスふたになる部分に折り目を付けておきます。
  • 6

    3回折ったところでポケット状になるので、その中に4を詰めていきます。
    半分ほど入れたらうずらの卵を入れて、その上にまた4を詰め込みます。この時、下の角から具がこぼれ出ないように、端を少しねじっておくと良いでしょう。
    回転させながら折りすすみ、最後の端は隙間に挟み込みます。
  • 7

    蒸し器に並べて火にかけ、蒸気が上がってから強火で20分程蒸せばでき上がりです。
  • フライパンにごま油をひいて、みじん切りの長ネギをしっかりと炒めます。

  • 下味をつけた豚肉を加え、色が変わるまで炒めたら・・・

  • 戻して5㎜角に切った干ししいたけと、8mm角に切った筍、にんじんも加えて炒めます。

  • しいたけの戻し汁と水、調味料を加えてひと煮立ちさせたら、一晩浸水してから水気を切ったもち米を加えます。

  • 焦げ付かせないように混ぜながら炒め煮にし、途中むきエビを加えて、ほぼ水気がなくなってきたら火を止めます。

  • クッキングシートを45cmX12.5cmに切り、端から、回転させながら三角に折り目を付けておきます。

  • 3回折ったところで、具材を入れるポケットができます。

  • 先っぽからこぼれてしまいそうなら、先端をちょっぴりねじっておくと安心です。

  • 半分くらいまで具材を詰めたら、ゆでたうずらの卵を入れ、さらに9分目まで具材を詰めます。

  • 回転させながらクッキングシートを巻き付け、最後は隙間に差し込んで止めます。

  • 蒸し器に並べて、強火で約20分。やわらかく蒸し上げます。

  • 包まずにまとめて蒸してもOK!蒸し器がない場合は、ざるとお鍋で代用ができますよ!

 【更新日】2015/05/02

ポイント

・この大きさだと、1個当たり、うずらの卵込みで約100g。全部で14個できる分量です。
・ここでご紹介した方法はクッキングシートが長めで巻き数が多いので、安定して誰でも簡単に包むことができます。慣れればもっと短くすることも可能なので、ぜひ工夫してみてください。
・むきエビの代わりに干しエビを使うと、良いだしが出てさらに美味しさUP!(戻し汁は3で一緒に使ってくださいね!)
・豚肉は、ロース、もも、バラ、どこでもお好きな部位を使ってください。
・蒸し上がったちまきは、冷凍保存が可能です。たくさん作って冷凍しておけば、お好きな時にチン!で楽しめます。
・ひとつずつ包まずに、まとめて蒸してもOK!蒸し器がなくても、お鍋にお湯を沸かしてココット皿などを置き、ざるに布巾を敷いた中に具材を入れてその上に乗せれば、簡単に蒸しものができちゃいます。