さわやかな香りで暑気払い
豆腐とズッキーニのハーブソテー

お豆腐も、ズッキーニも、からだの余分な熱を取り、からだを内側から潤してくれる食材で、暑さが続いた時におすすめの組み合わせです。「温性」のにんにくと一緒にソテーすることで冷やす作用を少し和らげ、冷え症さんにも安心な一品に仕上げましょう。
柔らかな新芽をのばし始めたローズマリーの香りを添えて、氣血の巡りもアップします。

材料

(2人分)
豆腐          1丁
ズッキーニ      太めのもの1/2本
にんにく        1片
ローズマリー(生)  適宜
塩、胡椒        適宜
オリーブ油       大さじ1.5
パルメザンチーズ  適宜
  • 1

    豆腐は、まな板などにはさんで重しをし、30分ほどしっかり水切りをしてから、10切れくらいに切っておきます。
  • 2

    ズッキーニは縦半分にして、1.2cmくらいの厚さの半月にスライスします。
    にんにくはみじん切り、ローズマリーは適当にちぎっておきます。
  • 3

    フライパンにオリーブ油を敷いて火にかけ、豆腐を入れて両面をこんがりと焼き上げます。
    途中であまりさわらないようにして、しっかり焦げ目がついてからひっくり返します。
  • 4

    ズッキーニも加え、同様に両面こんがりと焼き上げます。
  • 5

    フライパンを傾け、手前に少しスペースを作ってオリーブ油を集めるようにします。
    その中ににんにくとローズマリーを加え、香りが立つように火を通します。
  • 6

    全体を混ぜ合わせ、塩、胡椒で味を整えます。
    器に盛り付け、パルメザンチーズをふってでき上がりです!
  • 豆腐はまな板などにはさみ、重しをして水切りします。

  • オリーブ油で、こんがり色づくまでソテー。途中でいじらないのがコツ。

  • ズッキーニも同様に、こんがりと両面を焼きます。

  • 手前にスペースをつくり、フライパンを傾けてオリーブ油をためた中で、にんにくとローズマリーに火を通します。

  • 全体を混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を整えます。

  • 器に盛り、パルメザンチーズをパラパラっとかければできあがり~♪

 【更新日】2015/06/02

ポイント

・豆腐は木綿でも、絹ごしでも、お好みの方を使ってお試しください。しっかり水切りするのがポイントです。
・走りの時季のズッキーニはすぐに火が入るので、軽く焼き目がつけばOK。あまりいじると水気が出てしまうので、焼き目がついてから返すようにします。
・最後にジャッと醤油をたらして仕上げても。パルメザンがなくても美味しくいただけます。
・ローズマリーは生の枝を使います。ぜひ、柔らかい新芽の部分で作ってみてください。ドライを使う場合は少量で。