夏バテさんに癒しの食感 ♪
トマトと卵の混沌ガーダスープ

小麦粉をダマダマにして入れる、とってもユニーク、簡単で不思議な食感のガーダスープ。
つぶつぶ、ひらひら、つるんとしてとろっとして、まさにその食感は「混沌」です。
暑いとついつい冷たい麺類に走りがちですが、時にはこんな、あったか~いスープでお腹を労わってあげましょう。

旬のトマトには、胃の働きを高めて食欲を回復したり、からだの余分な熱を冷ましてのどの渇きを止める作用があり、夏バテ解消にうってつけです。卵と組み合わせ、疲労回復効果をアップして、夏の疲れを癒しましょう。

材料

(4人分)
鶏胸肉          1枚
トマト            3個
ピーマン          2個
 卵             2個
 水             1L

小麦粉          100g
 水             40cc

塩、胡椒           適宜
茗荷、大葉などの薬味  適宜
お好みで、ごま油     少々  
  • 1

    鶏胸肉は厚みを2枚におろし、両面に塩、胡椒してしばらく置いておきます。
    鍋に1Lのお湯を沸かします。
  • 2

    トマトの表面に十文字に浅く切り込みを入れ、沸騰したお湯に15秒ほど浸けてから取り出し、冷水で冷やして湯むきします。ヘタを取って、6~8切れに櫛形切りにします。
    ピーマンは種を取り、細切りにしておきます。
  • 3

    1の鶏肉を2で使用した鍋に入れて茹でます。再沸騰したら弱火にし、アクをすくいながら、鶏肉が浮いてくるまでゆっくりと火を通します。茹で上がったら取り出して、水気を切っておきます。
  • 4

    3の鍋にトマトとピーマンを入れ、煮立ったら火を弱めて、2~3分煮ます。
    この間に、小麦粉を用意します。
    ボールに分量の小麦粉を入れ、菜箸でかき混ぜながら水を加えて行きます。全体がもろもろのダマダマ状態になればOK。捏ねたり、ひとまとめにしたりせず、粉っぽい部分があっても気にしません。
  • 5

    ボールの中身を沸騰している鍋の中へ、ほぐしながら加えます。ボールに残った粉も全部入れてOK!スープのとろみになります。
    小麦粉のダマが透きとおり、浮いてきたら、溶き卵を回し入れて火を通します。 火を止めて、塩、胡椒で味を整えます。
  • 6

    器に盛り付け、細くさいた鶏胸肉、千切りにした茗荷、大葉などをトッピングしてでき上がりです。 お好みで、ごま油を数滴たらすとコクが出ます。
  • 鶏胸肉は厚みを半分にして、塩、胡椒で下味を付けます。

  • 鍋に1Lのお湯を沸かし、トマトを15秒ほどくぐらせて皮をむきます。

  • ヘタをとって6~8切れにカット。

  • ピーマンは種を取って細切りにします。

  • 鶏胸肉はゆっくりと茹でて、取り出しておきます。

  • トマトとピーマンを入れて2~3分煮ます。

  • その間に、小麦粉に水を加えて菜箸で混ぜ混ぜ・・・

  • もろもろ、ダマダマの状態にします。

  • 沸騰したなべの中に、ほぐしながら加えて・・・

  • 透きとおって浮いてくるまで火を通します。

  • 溶き卵を流し込んで、固まればでき上がり!

  • 細くさいた鶏胸肉と、茗荷、大葉などをトッピングして、召し上がれ!

 【更新日】2015/07/20

ポイント

・小麦粉は、薄力粉でも強力粉でも、どちらでもOK。お手持ちの粉でお試しください。
・鶏肉を使わずに、スープの素で作れば超簡単!お子さんと一緒に作るのも楽しいですよ!
・ピーマンの代わりにきゅうりの薄切りやいんげんなど、トマト以外の野菜はお好みで。もちろん、トマトだけでもOKです。
・できたてはと~っても熱いので、食べる時にやけどしないように気を付けてくださいね!