猛暑には苦味が効く!
簡単♪ ゴーヤときゅうりのライタ

ゴーヤはからだを冷やす効果がとても高い、猛暑のお助け食材。苦味は心(しん)に作用するとされており、夏にせわしく働く心臓を癒してくれる妙薬です。
みずみずしいきゅうりと組み合わせ、ほてったからだをクールダウン。ヨーグルトを加えたライタは、汗で失われた潤い補給にピッタリのメニューです!

ゴーヤときゅうりは、塩もみした状態で冷蔵庫に保存すれば、3~4日は日持ちするので、あえ物やサラダにしたり、味噌汁や納豆ご飯に加えるなど、いろいろ応用できて便利です。暑くてチャンプルーを作るのもつらいわ~・・・という時に、ぜひお試しください。
ただし、冷え症さんは食べ過ぎないように気を付けてくださいね!

材料

(2人分)
ゴーヤ       1本
きゅうり      1本
 塩        ゴーヤときゅうりの重さの2%

プレーンヨーグルト  100~150g
レモン汁        小さじ1~3
おろし生姜       少々
クミンシード       少々
太白ごま油       少々
  • 1

    ゴーヤは縦半分にして、スプーンなどで種を取り、薄くスライスします。
    きゅうりも同様にスライス。(ちょっと育ち過ぎのきゅうりは種を取りますが、そうでないものはそのままスライスしてください。)
  • 2

    ゴーヤときゅうりの重さを計って、2%の塩をふり、全体を混ぜ合わせます。
    この状態でチャック付の袋などに入れ、冷蔵庫に保存すれば、3~4日日持ちします。
  • 3

    ボールにヨーグルトを入れ、レモン汁とおろし生姜を加えて混ぜ、2を汁ごと入れて和えます。
  • 4

    フライパンか鍋に少量の油を入れて火にかけ、クミンシードを加えます。
    ジュワジュワ~っとして、1粒2粒、ぱちぱちっとはぜて香りが立ってきたら火を止めます。
  • 5

    3を器に盛り付け、4をトッピングしてでき上がりです!
  • ゴーヤは縦半分にして種を取り・・・

  • 薄くスライスします。

  • きゅうりも同様に。これはちょっぴり育ち過ぎのきゅうりだったので種を取りました。

  • 全体量を計り、2%の塩を加えます。(300gなら、塩6g)

  • 軽く全体を混ぜます。(すぐ食べる場合はちょっともんでください。)

  • チャック付袋などに入れ、冷蔵庫で3~4日保存可能。

  • ヨーグルトにレモン汁とおろし生姜を加えて・・・

  • ゴーヤときゅうりの塩もみを入れて和えます。

  • クミンシードは少量の油で炒め、香りを出します。

  • 器に盛り付け、クミンシードをトッピングしてでき上がり!

  • ゴーヤときゅうりの塩もみに刻んだ生姜の甘酢漬けを混ぜれば、簡単に1品プラス!

 【更新日】2015/08/04

ポイント

・キリッと酸味を効かせた方が美味しいので、味見をして足りなければレモン汁を増やしてください。
・ヨーグルトの量もお好みでOKです。銘々の器に盛りつける時は汁気たっぷり、取り分ける場合はポッテリまとまるように仕上げるなど工夫してみてくださいね。
・クミンシードの代わりに、コリアンダーでも。パウダーを使う場合はヨーグルトに混ぜ込みます。スパイスなしでもOKですよ!
・からだを冷やす作用が強いので、冷え症の人は食べる量を控えめにしましょう。